お問い合わせ(代表)
048-252-5512
FAX:048-252-4090

メールでのお問合わせはこちら
診療受付時間
午前   8:30~12:15
(月~土)
午後 14:00~15:30
(月・火・水・金)
夜間 18:00~20:00
(火・木・金)
今月の診療体制表はこちら
休診日
日曜・祝祭日
住所
〒332-0022
埼玉県川口市仲町1-36
アクセスはこちら
デイケアすこやか
048-252-5620
サービス提供時間
月~土曜日 9時~16時
(日曜日は除く)
ホーム 診療所紹介 所長コラム

所長コラム

10月:聞くべし。見るべし。得べし。

更新日:2019-10-1

画像
所長
内山 隆久

十三世紀初頭、中国で修業した後、日本で活躍した思想家 道元禅師の説教を記した「正法眼蔵随聞記」に、

個人の云はく、「聞くべし。見るべし。得べし」。また云はく「得ずんば、見るべし。見ずんば、聞くべし。」

という一文がある。

物事を決めるときには、「他人の話をよく聞き、自分の目で確かめ、自分で納得する」のが一番いい。これが最良であることは言を俟たない。しかし、世の中はいつも順調にいくとは限らない。いろいろな障害は大なり小なり必ずある。「手に取って確かめることができなくとも、自分の目でよく見る方がいい。ものが目の前になくて触れられない場合には、他人からいろいろと聞き出すのがいい。」

まがい物が横行する現代にも通じる処世訓である。買い物をして、家に帰って良く考えると無駄であったと反省することがある。現在は、クーリングオフ制度ができて、売る方も買う方も納得できるようになったのは、人聞の知恵・工夫の賜物である。

しかし、人事が絡むと厄介である。連日、新聞・テレビが姦しい。海の向こうの話ではあるが、台風のような激しい波風に国が揺れている。騒ぎはいつ収まるのだろうか。一旦決めた人事は、買い物のようには簡単にはクーリングオフができない。歴史が絡むと一層厄介である。国家聞の約束事も、何の考慮もなく破棄しようとする時代。腕力で解決したらどうかと、物騒な意見も飛び出す。行動の前に、まず熟慮を。

「聞くべし。見るべし。得べし。」 先人の知恵を借りたい。

「所長コラム」バックナンバーはこちら